兄貴の嫁のパイオツを、僕は毎日揉んでいる。 春菜はな

兄貴の嫁のパイオツを、僕は毎日揉んでいる。 春菜はな

兄貴の嫁のパイオツを、僕は毎日揉んでいる。 春菜はな










兄貴の嫁のパイオツを、僕は毎日揉んでいる。 春菜はな
働き者の兄貴が住宅ローンで購入したマンションで、兄夫婦と共に居候のようなカタチで生活させてもらっている浪人生の僕。今日も今日とて兄貴からのお叱りのお言葉を頂きションボリとする僕に、「そんなに落ち込まないで」「きっと合格出来るわよ」と、優しい兄嫁は励ましの言葉を掛けてくださる。だがしかし日々悶々とした浪人生活を送る僕の視線は、不謹慎ながらもそんな兄嫁の乳房の膨らみに、ハァハァと注がれていてですね…。

-
-